コンシャスペアレンツジャパン設立のコンセプト

「大人は気持ちが楽に、子どもは”生きる力”が育つ」

「私は誰?」

  • 自分の”そのまま”を受け容れられ、
  • 自分らしく生きる自由があり、
  • 自分に目覚めて、
  • 家族の笑顔や社会に貢献しながら、
  • 愛と豊かさの循環を創り出していく。

It is time for us parents to answer our call to our own awakening. The moment is now and our children await.(私たち親たちが、自分自身の目 覚めへの内なる声に応える時です。時は今です。そして子どもたちが待っています。)シェファリ博士TEDスピーチより。

コンシャスな生き方、コンシャスな子育て、が日本でも広がり、世界の平和につながることを意図して、ここに「コンシャスペアレンツジャパン」を設立することを宣言します。

CPJ設立経緯・コンセプト

「大人は気持ちが楽になり、子どもは”生きる力”が育つ」寛容な社会へ。ユニークな魂の子どもたちが次々と生まれてきています。
彼らを育てていくには、たくさんの情報に振り回されたりしながら、きっとたくさん葛藤があると思います。

子どもたちは、これからの地球を導いていくリーダーです。とはいえ、日常の子育てで、生きる過程で、迷い戸惑うこともたくさんあるでしょう。
私自身も全くその通りでした。そんな私に一筋の光が差したのが、私自身のライフワークを通じて、子どもたちの魂が教えてくれたこと。

「子どもたちは、自分の人生の目的をすでに知っていること。」「子どもは、親を、自由に、本当に幸せにするためにやってきた。」という2つのことでした。そして、この2つのことを大切にすればするほど、自分の無意識を癒すことになり、実際に癒せば癒すほど、子育てが楽に、楽しく、子どもと「つながる」ことができるようになりました。さらに自分自身も楽になり、魂の目的を見つけ始め、
パートナーシップもライフワークも、好転していきました。

私は、このことをセッションや講座で少しずつ人に伝え始めた時に、シェファリ博士の一冊の本「”良い親”をやめれば、”生きる力”を持つ子が育つ」(原題「The Conscious Parent」(意識的な親))に出会い、自分がやってきたことが、全てこの1冊の「コンシャス」「スピリチュアリティ」という言葉にぎゅっと凝縮されていたことを知り、衝撃を受けたのでした。

シェファリ博士の本より。
「子どもはみな潜在力に溢れ、実現すべき特別な運命を持っています。」「親として最も重要な任務は、(中略)真の自分になることです。」それによって、「子どもを人類の一員としてバランスが取れた多才な人間に育てる」とあります。

つまり、親が「真の自分」に目覚めれば目覚めるほど、子どもたちがもともと溢れる才能や可能性を発揮し、地球の一員として、バランスも取りながら、特別な運命(=人生の目的)を実現していける!親としても一石二鳥、こんな素敵なことってあるでしょうか??子どもに例外はありません。どんな子どもでも、才能や可能性を発揮し、人生の目的を生きることができる!この新しいやり方、生き方に、心底ワクワクしたのでした。子どもたち、内なる子どもに導かれ、誰もが「真の自分」に目覚める時代が来ることを予感して、日本の状況から、日本独自の「コンシャス」「スピリチュアリティ」を追求し、
ここに「一般社団法人コンシャスペアレンツジャパン」を設立することにしました。

It is time for us parents to answer our call to our own awakening. The moment is now and our children await.(私たち親たちが、自分自身の目覚めへの内なる声に応える時です。時は今です。そして子どもたちが待っています。)シェファリ博士TEDスピーチより。この「コンシャスペアレンツジャパン」の活動は、子どもたちに導かれて
スタートしました。
=================================
子どもたちと共にワクワク「本当の自分」に目覚める旅をスタートしよう!
=================================
そのために役立つヒントや情報を、
ブログやメルマガ、LINE@、ポッドキャスト音声など無料コンテンツとしてお届けし、世の中へ豊かさを還元していくため、本、セッション、セミナー、講座、講演会、
セラピスト養成クラス、オンラインサロンなど、「癒しと変容」をテーマに開講していきます。
(親ではない方、子育てを卒業した方も、子育てのやり方を学ぶ場ではないため、どなたもご参加できます。)
どうぞ、たくさんの親子が大人たちが、癒され、変容し、
ワクワク「本当の自分」に目覚める旅を楽しめますように。
たくさんの方がハッピーシフトしていくことを、心より楽しみにしています。

一般社団法人コンシャスペアレンツジャパン
代表 たかもり くみこ

ファミリーセラピスト&コーチ

創藝社「子どもが幸せに育ち自立する 頑張らない子育て」著者

長男が1歳の時、シュタイナー教育や自然育児に出会う。「子どもの魂にとっての理想の園を創ろう!」と、仲間のママたちに声をかけ、井の頭公園と小さな一軒家を拠点に自主運営の幼稚園を立ち上げ7年運営(2011春閉園)。憧れの自宅出産をしたものの、胎内記憶を持つ三男の宇宙人ぶりに親を何度もやめたくなり、七転八倒、試行錯誤。様々な学びをスタート。才能が開き、ライフワークとなる。

この13年間でセッション、講座他4800人以上の親子に関わり、習い事や園選び、学校での問題、不登校やいじめ、成績不振、思春期反抗期、受験などのお悩みや問題解決の他、パートナーシップの再構築、ライフワークや人生の目的など家族や人間関係を幸せにするサポートをしている。才能発見が得意。

2015年夏にシェファリ博士の本と出会い衝撃を受ける。翌年春からL.A.、N.Y.、サンフランシスコへ博士のカンファレンスやリトリートに5回参加している唯一の日本人。

メンターのベストセラー作家本田健さんのコミュニティを中心としたたくさんの仲間に応援されて、約3年半前から今回のイベントを準備。

「コンシャスであること」「癒し」により現実を数々好転してきた自らの体験や、クライアントさんや生徒さんの実績を元に「コンシャスケア(意識の癒し)メソッド」として、セッション、セミナー、コースで、惜しみなく伝え続けている。

地元公立小、中学に通った3人の男子と夫の5人家族。(じっとしていられなかった長男は社会学部を卒業し新社会人。のんびりな次男は2回の受験を経て商学部新1年生。家で「超問題児」だった三男は、最も自己肯定感高く、超自由人。ゲーム&動画好き、アートの道を志す中3。)

個人セッションの詳細はhttps://kumiko-t.com/session

お問い合わせとお申し込みはhttps://ws.formzu.net/fgen/S22195991/より

たかもりくみこへの推薦

Hさん(三男三女の母、モデル)より

おもがけず!という親子関係のハプニングや、
問題を子供自身が抱えていた、
ということがたびたびありました。

そんな時くみこさんは現実の状況を
踏まえた上で、見えない世界からの解決を
的確にサポートしてくださいます。

自分でどうにもならないところに
答えをくださるようなマジカルアドバイスに
何度救われた事か。

不思議にもくみこさんに相談した後には
まず自分自身の心のわだかまりが消え、
変化するとともに、自然と子供との関係、
子供の行動が変わっていくという
現象がおきます。

これこそがくみこさんのおっしゃる
コンシャスペアレンツの在り方
なのかもしれません。

そしてそれはどんな育児書や専門家よりも
子育てや親子関係において現実的に効果が高く、
実用的である
と私は感じています。

是非プロによる魔法の子育てアドバイスを
沢山の方に体験していただき、
親子共々幸せな日々を送って欲しいと思います。

池川明先生

産婦人科医 池川明先生

胎内記憶研究の第1人者 産婦人科医 池川明先生も
この日は、1日参加されます!

「良い親」をやめれば 「生きる力」を持つ子が育つ(原題 The Conscious Parent)の著者
シェファリ・ツバリ(Ph.d. Tsabary Shefali)博士が来日されます。
博士のTEDの動画は
https://www.youtube.com/watch?reload=9&v=QM_PQ2WUD2k
で見ることができます。


シェファリ博士はそれぞれの子供には違いがあり、
その瞬間瞬間の周囲との関係によって成長がどんどん変化すると語っており、
親との関係が楽しいのか違うのかで脳の発達は明確に違ってくる、
とデータを示して語っています。

その主張は私が胎内記憶を広めて多くの方に知っていただきたい内容と、とても似ています。

今まで海外の講演で胎内記憶を伝えて来ましたが、
それぞれの国の文化背景は違っても子育ての親の悩みは洋の東西を問わず同じように感じました。

今回の講演は日本の子育てに関わる人たちに、新しい道標となるでしょう。

博士は親が子供に対して
「深く愛する、大きな声で笑う、勇敢に危険に立ち向かう、自由を与える」
ことで喜びと自由を大きくすることができると語っています。

そして、従来の親の考えを変える必要がある、それは「今」だと語りかけます。
どのように変えたら良いのか?
それを今回の博士の講演で直接私たちは学ぶこと、知ることができます。
ぜひ多くの実際に子育てしている人、子育てのプロ、子育てを支える方々にお聞きして欲しい内容です。
参加をお待ちしております。

作家 本田健さん

今年の11月2日に、シェファリ博士が来日されると聞いて、とてもワクワクしています。シェファリ博士は、日本ではまだ知られていませんが、世界的に著名な臨床心理学者であり、ベストセラー作家です。子育て、家族関係の分野で知られていて、私も彼女の本のファンです。

 アメリカに共通の友人もいることもあって、彼女の人柄の素晴らしさについてよく聞いています。彼女は、子育てに関して、知性的な部分と、感情の部分の両方から、体系的に教えることができる珍しい先生です。同時に、上の立場から教えるのではなく、ひとりの人間として、どんな人とも共感できる力がある方だと思います。そんな人柄のために、世界中に彼女のファンがいます。

 私は、20年前に娘が生まれた時、たくさん育児書、子育てに関しての本を読みました。あの時、シェファリ博士の本があったら、他の本をあまり読まなくてもよかったかもしれません。それだけ、大切なことは、すべて博士の本に入っていると思います。

 今回、シェファリ博士を招聘する団体の代表であるたかもりくみこさんも、とても素敵な女性です。カウンセラーでありながら、3人の男の子を上手に育てた母親でもあります。彼女の旦那さんやお子さんとも付き合いがありますが、夫婦仲も良く、お子さんは、3人とも素晴らしい人柄です。そういう意味では、彼女の子育ては、大成功したのではないかと思います。そういう人物が博士を選んで、日本に呼ぶというのですから、セミナーの内容も、素晴らしいものになると思います。

今回のシェファリ博士招聘プロジェクトは、たかもりさんの周りにいる、子育て中の人、教育に興味がある人、これから子育てする人が集まって、スタートしたと聞いています。今回のセミナーが、日本の教育、子育てに関しての新しい動きに繋がっていく予感がします。きっと、日本でこの分野におけるリーダーたちが、育っていくのでしょう。

 子育てとは、ある意味で自分育てにもつながります。子どもを育てながら、自分も人生に向き合うコンシャス・ペアレンティングの考え方は、とても素敵だと思います。
博士の来日に合わせて、日本でも幸せな家族が増えることを心から願っています。

PAGE TOP
MENU