子どもの思春期に私がやってしまった間違いとは?〜読書会でした!〜

久しぶりの更新です。

毎日毎日ジェットコースターのよう。

濃すぎて、追いついていませんー

 

先週木曜日の、シェファリ博士の本の読書会。

高円寺フリースペース「ヒトツナ」さんにて隔月の読書会。

今回のテーマは、「思春期」要するに、中学校・高校時代。

 

雨にも関わらず、たくさんの方々が来てくださいました!
また、遠方よりズーム参加の方々も増えてきました。

みんな笑顔で、楽しく終了!

若者代表、Takuma Kumagaiくまちゃんが来る会は、
いつも大盛況

今日のくまちゃんの最後の言葉は、まさに”神”
全てのママたちを癒しましたー😍
中には、感動のあまり、涙ぐむ方も😭

美味しいスイーツ✨絶品。

 

テーマは、思春期でしたが、
今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんのママから、
幼稚園や保育園、小学生、中学生、高校生の
お子さんを持つママ、

お子さんがすでに社会人になるママ、
そして、これからママになりたい方、まで、
バラエティに富んだ年代の方々が参加して下さいました。

 

そうそう、私の大失敗をここで一つ(他にもいっぱいあるけど)

次男の大学受験の時。(長男の時もやってた可能性大!汗)

彼が、いわゆる「”良い大学”に行きたいんだ」、と言っているので、

「そんな、”良い大学”とかじゃなくても、君には価値があるよ。

そんな表面的なことじゃなくて、自分の本当にやりたいことができるところに

行ったらいいと思うよ。」

と言うのを、何度も言っていたんですね😅

これが間違い?だったことに、今回レジュメを作りながら、

なんと、今頃気づいたのでした💦

何度も読んでいるはずなのに。。とほほ。

それはどういうことかというと、博士の本の中に

 

「あなたには、どんなに些細なことに思えても、

子どもにとっては、見かけや、どれだけ友だちがいるか、

どれほど成績が良いか悪いか、誕生会に招待されたかなどが、

とても大事なことなのです。親が子どもに、

そうした表面的なことを気にするべきでないと言えば、

子どもを遠ざけることになります。

子どもは、自分が表面的な存在だと信じてしまうでしょう。

親の精神面での義務は、子どもの常態を反映し、その勇気を褒めることです。」

「”良い親”をやめれば、”生きる力”を持つ子が育つ」より抜粋

 

だから、彼は、毎回、ちょっぴり悲しそうな表情を浮かべていたことに、

私は、全く気付いていなかったのでした。

 

私が、「本質的である」ことにこだわり過ぎていたために、

彼の「そのまま」を受け容れていなかったということに。

 

無意識的に「あなたは、表面的な存在だ」と伝えていたのでした💦

無意識って、本当に怖い。

 

ああ、申し訳なかったなあ!

と思って、すぐさま、彼に謝りました。

 

「あなたは、ほんとに分かってないからねー」😬

ですね。。

だから、まだまだ子育てが奥深く、楽しいのですよ。

君たちのおかげです。

 

と言うことで、

11月2日が、ますます楽しみになりました😆

次回のヒトツナさんでの読書会は、9月5日です。
ぜひ、ご予定に入れておいてくださいね!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です