コンシャスな子育てって何??①子どもは親の思う通りに育ってくれない

普段のことは、アメブロで更新していることが多いです。

まず、初めに、「コンシャスペアレンティング」(=意識的な子育て)とは、

全米ベストセラー作家、臨床心理士である、シェファリ・ツバリ博士が提唱しているもの。

(2019年11月2日にアジア初来日し、一般社団法人コンシャスペアレンツジャパンと実行委員会主催、

講演会とワークショップを開催しました。)

 

「コンシャスな子育て」って何?

 

とよく聞かれるのですが、一言で言えば、

「親が自分の無意識に意識的になって、子育てすること」

つまり、、、

 

親が当たり前、常識、一般的に、普通は、、と思っていることに、

意識的になって、子どもを育てること。

 

子どもって、大人が思うようになってくれません。

 

母乳やミルクを、時間通り、たくさん飲んで欲しい時に飲んでくれない、とか😖

そもそも、なかなか眠ってくれないし、、、😭

ごはんを手でぐちゃぐちゃにする、とか😤

今、ここでトイレ行く???全てのスケジュールが〜〜〜!と叫びたくなるとか😂

走り回ったり、大声で泣き出したり、、😵

とにかく言うことを全然聞かなーい!!😱

 

 

大人が思うように、、というのは、つまり、

常識的で、世の中の基準で、人に迷惑をかけないようにetc

振る舞ってはくれません。

 

反対に言えば、子どもが自由にその子のままで振る舞った時、

親の無意識にある「普通」「常識」「みんな」「当たり前」

「迷惑をかけない」などという基準や枠、思考、思い込みが

浮き彫りになってくる、という意味でもあります。

 

実は、子育ての悩みの多くが、この無意識にある基準や枠、思考、思い込みとの

葛藤から来ている、可能性が高いということ。

 

だから、子どものことで葛藤した時、この自分の無意識に「意識的になる」

ことがカギとなって、問題や悩みが解決に向かう、関係性が良くなる、

子どもが変わる、ということが起こるのです。

 

 

シェファリ博士の定義では、、

 

「コンシャスな子育て」は、、

 

親にフォーカスする(子どもではなく)

関係性にフォーカスする(子どもの言動ではなく)

ニーズ(欲求)にフォーカスする(表面の言動ではなく)

つながりにフォーカスする(子どもをコントロールするのではなく)

 

のが、一般的な子育てのやり方と異なるところ。

 

ちょうど、今、コンシャスペアレンティングコーチ資格取得のために

学んでいるところなので、またシェアしますね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です