「早く安心させてほしい!?」受験生の親の心の内側

まだまだ大学受験はこれから本番の方も多いと思いますが、

私の方は、この週末、三男の都立受験が終わり、ほっと一息。

家の空気がリラックス&通常モードに入った感じ。

 

その前の年まで次男の2年連続大学受験もあったので、

3年連続受験がようやく終了。

 

家族のイベント目白押し。

自らのイベントもあったから濃厚な3年間。

 

そんなわけで、受験生の親として全く大したことをしていないけれど

受験生がいる、と言うだけで、家の中の空気がどこか少し、

普通ではない、ことに終わってようやく気づきました。

 

今年で6回目の受験生の親体験。

おかげで、受験生の子どもに対するイライラは、年々減り、

「そのまま」を受け容れられるようになってきたなあと

感じています。

 

(今回は、受験でもテストでも、

”お勉強キラーい!”と堂々と言うタイプの子だったのもある)

 

コンシャスな子育て&生き方では

「そのまま」を受け容れる、ことが大きな鍵。

 

ちなみにコンシャスな子育てとは、

「親の無意識の当たり前や常識に意識的になり、

子どもは何者なのか、という意識を持ち、

子どもの本質の素晴らしさや才能をそのままに、

対等性を持ってつながりながら育っていくことをサポートする子育て。」

 

何かを問題視するのではなく、良い悪いではなく、

子どもを、状況を、自分を、人を

まずは、「そのまま」受け容れる。

 

そこを意識してきたことで、

子どもの「そのまま」を受け容れられる力、

「今」を見逃さない力が

筋力のようについてきた感じ。

 

子どもの人生への信頼度が増したというのかな、

本当に「全てのことが人生の旅への教訓」という感覚が

年々研ぎ澄まされてきたように思います。

 

親として目先の結果にすぐに結び付けたい衝動に駆られる時も

まだまだもちろんあります汗

要するに

「受験生だったらさっさとやりなさいよ!」と言いたくなる衝動笑

その方が自分が安心できるから。

 

「早く安心させて欲しい」

受験生の親の究極の望みかも。私も含めて。

と言うより、全ての親の望みなんでしょうね!

 

だから、、、

「第1志望校に向けて、必死で頑張る姿を見せてほしい!」し、

「やるんだったら一生懸命勉強してほしい!」

 

それくらい、

「受験生=勉強を必死で頑張るべき」

と言う思い込みは自分も含めてものすごく根強い!驚

(=世の中の当たり前)

 

この「思い込み」が良い悪いではなく、

この「思い込み」がどこから来ているのか?

いつから持っているのか?

 

自分の無意識(当たり前)に、

「コンシャス(意識的)」になってみると、

それは、過去の自分の痛みや期待、社会通念から来ていることに

気づくでしょう。

 

ここで大切なのは、そこには良い悪いはないと言うこと。

一旦、ただ、そうだとしっかり認識して感じてみる。

そうすることで、自分自身の「受験生」へのフィルターが緩み、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもの「そのまま」の姿が見えてきて、

子どもの「心の声」が聴こえてきませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今、どんな状態なのか?」

「今、何を必要としているのか?」

「これからどう生きようとしているのか?」

「親の自分に、何を求めているのか?」etc

ハートで、魂レベルで、感じ取れる方も多いに違いないと思います。

もしかしたら、「受験」よりも大事なことに

気づく可能性もあるかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です