子どもたちだけは、敏感に繊細に感じ取る。

子育て、親子・家族関係のサポートをし始めて、

14年になります。

 

 

ここのところとってもワクワク楽しみでハマっている、

毎週届く、お花の定期便。

https://bloomeelife.com

あっという間に幸せ気分になれて、

とってもおすすめですラブ

 

 

 

2000人以上、

たくさんの方のご相談に乗ってきて思うのは、

 

 

どんなに輝かしい学歴や業績があったとしても、

 

どんなに美しくて、女性らしくて、可愛かったとしても、

 

どんなに素晴らしいパートナーや家族がいても、

 

どんなに豊かで収入があったとしても、

 

どんなに素敵なおうちに住んでいても、

 

どんなに周りから羨ましく思われていたとしても、

 

どんなに前向きで明るく過ごしていたとしても、

 

 

「自分」でいられない分だけ、

その人の悲しみがあるということ。

 

 

 

それは、オーラに、表情に、どことなく風貌に、出る。

 

 

心の、魂の悲しみ、というのかな。

 

 

それは、人には計り知れない。

最愛のパートナーだって、気づかないかもしれない。

 

 

目には見えない悲しみだから。

 

 

 

 

けれど、子どもたちだけは、敏感に繊細に感じ取る。

 

 

「本当の自分」でない、お母さん、お父さんのことを。

 

 

そして、必死で訴える。

 

自分の身体で、言葉で、行動で。

 

 

 

「ママは、本当はそんなんじゃない!」

 

 

「ちゃんと、自分の素晴らしさ、見て!」

 

 

「なぜ、そんなにも私を僕をコントロールするの?

何が、自分に足りないと思い込んでいるの?」

 

 

本当に、見事なまでに、見抜く。

 

 

 

「本当の自分」度のバロメーター。

 

 

このことを、もっと子育て中に気づいていたら

(今も、まだ続いているけれど)

 

さらに楽しめたんじゃないかな、と思う。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です