子育ては何を育てる??

クラウドファンディングはあと2日!

たくさんの応援のおかげさまで目標を超えました〜〜!!

本当にありがとうございます!!🙏🙏🙏

今回の想いは、あと3日!クラウドファンディングってすごい!!(〜9/2まで!)

感謝で夜も眠れません・・!

 

さて、この週末は、メンターの本田健さんの年間プログラムに参加してきました。

400人以上いる会場の中は、当然知らない人もたくさんいます。

ですが、そこで、勇気を出して、思い切って質問!(ドキドキMAX!)

 

健さんは、「立体話法」と呼ばれる、

その場にいるすべての人に普遍化して伝える技術があって、

個人的なことを質問しても、その場のみんなが自分ごとに思えることを

受け取れるから不思議です。

 

今回も、受け取ったことがたくさんあった1つをシェア。

 

このシェファリ博士来日講演イベントは、

「コンシャスな子育て&生き方」の入り口に立つ、という

位置づけですが、

「子育て」と言うより、「自分を育てる」ことがメインテーマ。

 

それは、子育て真っ最中のママ、だけでなく、女性はもちろん、

経営者の方や、男性にも関係すること。

 

「自分は一体何者なのか?」

そして

「この子は一体何者なのか?」

 

ということが常に背景にある、のが「コンシャスな子育て&生き方」です。

 

それは、今までの子育てのやり方では見つからない、

と、シェファリ博士は明確に言っています。

 

そして、それは「コンシャス」になることで、

自分ではないものが、剝がれ落ち、「本当の自分」になる過程。

それこそが、自分を育てること=自分の成長であり、

そうでないと、自分とも子どもともつながれない、

と言っています。

 

それは、自分を再発見する旅でもあります。

 

子育てしている方なら誰もが経験していると思いますが、

子どもは、親の怒りボタンを押すのが世界で最も上手です。泣

そして、親は、そこから逃げることができません。泣

 

子どもは、親を怒らせたくて、怒りボタンを押しているわけではない、

ということに「コンシャス」になることで、

自分自身がその度に、ブレイクスルーしていきます。

 

これは、子どもだけでなく、どの人間関係も同じですよね。

 

だからこそ、自分自身が大きく成長できます。

まさに、子育てとは、自分を育てること。

 

シェファリ博士の、何百人、何千人というエネルギーを動かして、

言葉で場全体を癒していく体験と、

元子どものすべての大人の方にそれぞれ響くメッセージを

受け取りたい方は、ぜひこちらから。

http://shop.con-parentingjp.org

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です